カルティエを買った理由 >> カルティエの色あせない魅力

カルティエの色あせない魅力

カルティエといえば、ラブリングというイメージを持っている人も多いと思います。そのきっかけになったのは、某有名歌手と有名ダンサーの結婚の時に贈られた指輪であると噂になったからです。若い女の子の間でカリスマ的な人気があった女性歌手の幸せな姿に憧れる方も多くいたのではないでしょうか。

 

でも、このように一時的に爆発的に人気になったものというのは、そのブームが過ぎ去ったときにはどうなのだろうという不安がありますよね。

 

特に「いまどき、カルティエのラブリングって古いのかな?」という声を聴くことがあります。でも、私の答えとしてはそのようなことはないと思っています。カルティエというブランドは歴史ある素晴らしい品質を提供していると思いますし、アクセサリーというのはそもそも自分たちが気に入って使っているのならばそれでいいのです。

 

ラブリングであれば、それを購入した時の二人の思い出や大切な気持ちがあると思います。自分で買ったのであれば、がんばってご褒美として買ったのでしょうか。そのときの達成感は何物にも代えがたい人生の宝物ですよね。