カルティエを買った理由 >> 欲しかったカルティエのラブリング

欲しかったカルティエのラブリング

私はおそらく一昔前に芸能人がつけていて話題になったカルティエのラブリングに憧れていました。
特にホワイトゴールドのラブリングを手に入れたいと思っていました。
そんな時に、付き合っていた彼と婚約する事になったのですが、
私はかねてからの夢でもあったカルティエのラブリングを彼からプレゼントされたい、してほしいと思っていました。

 

でも自分で言うのは厚かましいかな、と躊躇していたんです。
でも、現実は、婚約指輪をいざ買う時に、
彼の両親まで一緒に百貨店で購入する事になりました。
こんな一生物の思い出の品を買いに行くのに、何故両親も同伴なの?
と正直ショックを隠しきれなかったです。

 

しかも、店頭ではなく店の奥の一室に通されて、店頭から数点ピックアップしてきた中から婚約指輪と結婚指輪まで選ばされる羽目になってしまったのです。
婚約出来る幸せとは裏腹に、かねてからの希望だったカルティエのラブリングどころか、選ばせてもらえる権利も無かった当時は本当に情けなかったです。

 

彼の両親の手前我慢するしかなかったですが、
この辛い経験は後に友人に思いの丈をぶちまけて少しは気分も晴れました。
そして結婚10周年を迎えた今年、やっと念願のカルティエのラブリングを10周年記念に買ってもらえたのです。
私の夢が10年越しに叶い、嬉しくて堪らなかったです。